【FF14】新作「暁月の終焉」発表会を語る!

新情報発表会

新情報発表会、面白かったですね~。

去年12月にFF14をはじめた僕にとっては、初めて体験する発表会になりました

大型拡張ということもあって情報も盛りだくさんで、SNSの盛り上がりもすごかった…!

まだはじめて1か月ちょっとなので、あまりわかっていない要素もちょこちょこありましたが、それでもワクワクしながら発表を見ることができました。

中でも特に気になったのが「無人島開拓」。

画像元:スクウェア・エニックス

そもそものんびりライフを送るためにエオルゼアへやってきた僕にとっては、これ以上ないというくらい楽しみなコンテンツです…!

  • 島の開拓
  • 動物の飼育
  • 特産品の貿易

現状でも家で作物を育てることはできるのですが、もっと本格的に「農家!」という感じにやってみたい気持ちが強かったので、こういう要素は本当に嬉しいです。(*´ ー`)

動物も飼いたかった…!

「飼育」ということなので、牛を飼って牛乳をとる、なんてこともできるのでしょうか?

やっぱり料理で使うなら、店売りより自分の農場でとったものを使いたいですし。

自給自足もより捗りそうです。

そして島の開拓要素。

一から少しずつ積み上げていく…というと、FF14ではイシュガルド復興がそれにあたるものだったのではと思います。

ただ僕の場合、イシュガルド編を進めて蒼天街にたどり着いたころには、すでに復興が完了していて。

復興のチュートリアルが終わるやいなや主要なNPCが集まってきて、「お前さんのおかげだ、ありがとう!」とお祝いされたときは、さすがになんとも言えないせつなさを感じました…。(;´∀`)

何もしてないのに。

ワンコ
カヌー

何もしてないのに…。

まあでも、状況がどんどん変わっていくのがこうしたリアルタイムイベントの醍醐味なんですよね。

なので仕方ない、仕方ないのです…。(言い聞かせ)

そんな感じで復興には残念ながら参加できませんでしたが、その分「無人島開拓」はバリバリやっていきたいなと思っています。

秋がめちゃくちゃ楽しみです…!

タイトルの意味

「暁月の終焉」には、夜明けという位置づけもあるようです。

新生エオルゼア 新生の朝
蒼天のイシュガルド 蒼天の昼
紅蓮の解放者 紅蓮の日暮れ
漆黒の反逆者 漆黒の夜
暁月の終焉 暁月の夜明け

なるほどなるほど…。

タイトルで一日の移り変わりを示していたんですね~。

蒼や紅があるので、単に「色つながり」だと思っていました…。

今回が黒なら次は白かな~とか考えていたのがちょっと恥ずかしい…。笑

タイトル一つでもすごく考えられていて、さすがはFF!という感じもしています。

こういう散りばめられていた情報が、あとでピタッとハマって1つの意味を持つときの気持ちよさはすごく好きかもです。

 

今回発表された「暁月の終焉」は21年秋に発売予定とのことで。

今はまだイシュガルド編が終わったばかりで遠いですが、秋までには漆黒をクリアしてスタートラインに立てればと思っています。

あとあまり関係ないですが、秋には軌跡シリーズの最新作も出るんですよね。

なんという実りの秋…、最高です。(*´ ー`)

楽しい秋を迎えるためにも、一日一日を大切に過ごしていきたいなと思っています。

ではではっ。

-FF14